トレッキングの服装や装備

トレッキングとハイキングと登山がそれぞれ違う事はすでにご存知かと思いますが、知らない方のために簡単に説明させていただくとトレッキングはハイキングと登山の中間になります。

 

ハイキングとは山に限らず平坦で整備された道を歩くことも多く、軽装で日帰りで楽しむことができます。

 

登山とは山頂を目指して山道や山道外を歩いたり登ったりします。山の高さや日数も様々です。

 

その中間にあるトレッキングは山歩きですが登山と違って頂上を目指す必要はなく、山の中であればホテルに泊まって麓だけを歩くなどでもトレッキングといいます。またバイクや自転車を使用してもトレッキングといいます。縦走して何泊か山を泊まり歩くこともありますが、のんびり自然を楽しみたい方にも向いています。

 

難易度でいうと、

 

ハイキング<トレッキング<登山

 

というふうになります。

 

 

では、トレッキングの服装や装備はどのように準備すればよいでしょうか。服装と装備でそれぞれリストにしてみました。

 

【服装】
アンダーウェア、インナーウェア、レインウェア、
防寒用ウェア、パンツ(ズボン)、帽子、
グローブ、靴下

 

 

【装備】
バックパック、トレッキングシューズ
トレッキングポール、昼食、休憩時のおやつ
水筒(ペットボトル)、ビニール袋、ハンカチ・タオル
ティッシュ、ヘッドライト、コンパス、腕時計
小銭、携帯、地図、健康保険証、常備薬
虫よけ、ホイッスル、カメラ、救急セット、洗面用具

 

 

以上のものがトレッキング時に必要になります。

 

これらはトレッキングの基礎アイテムとなりますが、シーンによって不要だったり追加で必要なものもありますのでご注意ください。

 

例えば雪の上を歩くスノートレッキングであれば服装にアウタージャケットとパンツ(パンツ)、中間着、ネックウォーマー、防寒靴、スノートレッキングシューズ、フットスパッツ、雪で紫外線が反射するので日焼け止めクリーム、サングラス、スノーシュー、軽アイゼン、使い捨てカイロ等が必要になってきます。

 

服装のポイントは重ねて着れるようなものを組み合わせましょう。

 

バックパックやトレッキングシューズは自分の体型や足のカタチとマッチしているかが重要です。直接お店にいって試着することがベストです。スマホがあればその場でインターネットで価格比較し通販のほうが安ければ通販購入もおすすめです。

 

試着せずに通販で購入する場合でも返品対応しているお店を選ぶと安心です。店舗によっても返品条件は異なりますが、良いのは「サイズが違った」「届いた商品のイメージが実際と写真では違った」「リュックを背負ってみたけどフィットしなかった」などの理由でも返品対応してくれるところを選びましょう。