キャンプで最低限必要なアイテム

キャンプに行きたいけど何を揃えたらいいのか分からない。色々と調べていたら沢山のアイテムが必要な気がしてしまい高い見積りになって予算が間に合わない。などの状況で困ってしまっている方に、必要最低限なキャンプアイテムのご紹介をします。

 

とりあえず最初は最低限のキャンプ用具でキャンプを楽しんでみましょう。もしそこで足りないと思ったものは補充していきましょう。

 

 

1.テント

 

何といってもテントです。人数分の大きさと防水性能(耐水圧)が最重要ポイントです。収容人数の多い大きなテントであればあるほどテント内は冷えやすいです。人数よりも大きいテントを選ぶという発想は控え、暖房類の使えないテントでは人肌などの熱源を頼りにするので人数にあった大きさのものを選ぶほうが賢明です。

 

 

2.タープ・フライシート

 

テントがあれば基本大丈夫ですが、雨よけや、日よけをしながら外で休憩、食事、遊びなどをしたい場合にはタープやフライシートがあるといいでしょう。

 

 

3.寝袋(シュラフ)

 

毛布やシートをむやみに重ねるより服で温度調整しながら、しっかり素材の寝袋を選びましょう。軽量、コンパクトでダウン素材の寝袋はお値段もやや高くはなりますが荷物もかさばらず暖かいので安眠できます。もし予算的に無理なようであれば中綿に化繊素材を使用しているものであれば安いです。ただ重くてかさばりますのでその点は仕方のないことです。

 

 

4.マット(シート)

 

テントを張っただけでは固い地面や冷たい地面の温度をそのまま感じることになりシュラフだけでは足りません。マットは必ず敷きましょう。

 

 

5.調理用具・器具

 

手料理を楽しむ場合に必須なのはバーナーとクッカーセット。バーナーはキャンプ用ガスバーナーを。クッカーは鍋やフライパン、ざる等がセットになって収納できるものが場所とらずでおすすめです。その他にも包丁、まな板、おたま、お箸、フォーク、ナイフ、等の小物類も必要ですね。食器は落ちても割れにくいステンレスやメラミン製を。紙やプラスチックの簡易食器でもいいでしょう。

 

 

6.クーラーボックス

 

ソフトタイプのクーラーボックスは保温性がイマイチなので生ものや冷たい飲み物を扱う場合には保温性の優れたハード素材のクーラーボックスにしましょう。

 

 

7.テーブル・チェア

 

テーブルもチェアも折りたたみ式のものを選ぶとよいでしょう。

 

 

8.懐中電灯・ランタン

 

夜になって暗闇にパニックにならないようにテントにはランタンを吊り下げたり夕食や深夜団らんのひと時にも使用します。最近ではLEDランタンが比較的、安価で取扱いもカンタンなので人気です。懐中電灯はトイレなどの移動時や物探しに便利ですね。

 

 

以上8点が必要最低限そろえておきたいキャンプアイテムです。
キャンプが楽しくなることを願っています。